11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
朝方の講義室で、うつらうつら・・・
この気を抜いたら堕ちそうな心境がたまりませんw  (病気ですね)


今日の話はアルバイト先で発生した、奇妙で疲れる物語・・・
17.jpg

バイトは短期集中型で効率アップを図る私(ワタクシ)です☆
常装備は青色の作業着に100均バンダナで、
昼食はパンと決めておりまして御座います!!  (特に理由は無いですがw)

この日も、とあるレンタル会社にてイベント会場の設営をしていたのです。
しかしまぁ、その日はスリル溢れるバイトだったとです…(゜Д゜;)

続きはこちら

↓ ↓ ↓
  
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


実は私(ワタクシ)、イベント会社に注射針ほどのパイプを持っていまして、
その収入(甘い蜜)で趣味を続けたり、ご飯を食べたりの毎日です、はい♪

この日は、3名を集めて欲しいとの要望が部長さんからあったため、
手下を引き連れて事務所へ向かいました。  (あ、来てくれたのは先輩でしたw)

18.jpg


ちなみに、とある市の駅前で行われる催しの準備を手伝いました☆

仕事の内容は・・・
ステージの設営   (かなりデッカイのです!)
パイプテント設営  (運動会で良く使われるアレですw)

部長さんの指示のもと、各々の持ち場に着くのですが・・・





私「あの・・・・・・部長さん?」





部長「ぉう!なんだぁ?ゴズぅ!?(私のアダ名)」





うぉぅ・・・相変わらずものすごいノリです・・・

あ・・・

部長、名前違ってますからw   (かすってもないですね)


・・・



・・・・・・



・・・・・・・・・



っとと、問題はそこじゃなくてですね・・・





私「ところでですね、部長さん・・・」

部長「おぅ!?」

私「あの~・・・」
















私「何で僕だけ高所作業なんですか??」

19.jpg



部長「バイトは、お前しかやったことねぇんだよw」

・・・(´Д`)

あぁ・・・そんな笑顔でコメントしなくていいですから、
僕以外にも作業可能な輩を育てる努力をして下さい(泣)


ちなみに今回の仕事の状況は・・・
  ①休憩なし
  ②手伝いなし
  ③安全帯なし

という、思わず手に持たされたレンチで、
雇用主を殴ってしまいそうな状況に立たされていました・・・  (先輩方はいつの間にか遠くへ・・・) 




それでも作業を手際よくやってしまったのか、休憩時間を作ってしまいましたw
20.jpg

でもその時、無駄に見晴らしの良い足場で、
あんまり見たくない方々を見てしまったのです・・・










私「うわっ・・・お巡りさんだぁ・・・」
21.jpg

休憩中なのか何なのか、
広場には5人くらいの警察官が日光浴をしているではありませんか・・・
まぁ・・・警官の4人や5人、いても日常的な光景ですよね♪
むしろ護られているって言うか♪♪



しかし・・・



護られているというのは認識が甘かったのかもしれません・・・


22.jpg


それは、束の間の休憩を満喫し、
悪意が感じられるほどに重い鉄の部品を運んでいる時、
私、近くの広場からざわめきを感じたとです・・・

ついつい振り返ってしまったわけですが・・・




















はい、増えましたw
23.jpg

や~ここまで来ると、もう護られてるって言うか・・・






包囲されてますよねw  (いや、ホントに)



しかしですね~、ここまで多いと誰でも包囲された気分になれますよ!!  (私は、この一回きりで良いですが・・・)






おかげで未開封の荷物が全て怪しく見えてきますから不思議でしょうがないですねw
24.jpg






んん・・・しかし警察の方々、まったく動きは無かったのです。

25.jpg

しかも、まるで仕事をしてるとは思えないような脱力感に包まれてましてですね、
作業中の私たちにも、そろそろ邪魔になってきた頃、
警察官の一部が設営会場をチョロチョロと動き回り始めたのです。




警察官『ササーッ・・・』  (遠くのほうでウロウロ)





・・・(゜Д゜)





警察官『ゾロゾロ・・・』  (複数で作業現場内を移動)





・・・(゜Д゜)





警察官「なんか、邪魔だなぁ・・・」





・・・?





・・・・・・??





・・・・・・・・・???











・・・え?何ですか?邪魔と仰いました?





え~っと・・・私達、邪魔なあなた方を我慢してるですよ・・・






それを何?邪魔ですと?





・・・





・・・・・・





・・・・・・・・・





作業員なめんなよw?  

27.jpg

や~しかし、これは一本とられましたw

もう現代を生きる警察官のコメントのキレに
思わず全員分の視力状況をA4用紙30㎝分の厚さで、
まとめてあげたいくらいの気分ですよ、ほんとw
君達、目は見えてるのかな~?ん?



・・・でもですね、
私、ちょっと我慢しすぎてしまって、
気持ちを伝えるタイミングを逃してしまったようなのです・・・


何故かというとですね、
実はイライラしてるうちに・・・














隊列組まれてましたw  (しかも、ど真ん中で!)
28.jpg


警官「ピピーッ」  (整列中)

私  「ピピ-・・・じゃねぇよ・・・;」


・・・流石にこれは予想してませんでした。
まさか隊列組まれているとは・・・

それ以降、全ての作業員が
ヤケクソ気味で作業に集中したのは言うまでもありません・・・





・・・そしていつの間にか警察官の方々は何かに満足したようで、
警察署の方に向かって帰り始めました・・・

一体なんだったのかは結局判りませんでしたが、
もしかすると新手の健康法だったのかもしれません。  (んなわけないって・・・)

とにかく自分の中では、
『あっちいけ!』という気持ちでいっぱいでした・・・

しかし、そんなことを考えていた報いでしょうか?
次の瞬間・・・



















警官「あの~・・・」

キ・・・キタァーーーーーーーッ!!!!!!!!!
29.jpg

あまりにショッキングな事態に、
口から声にならない声の他にも、何かが放出されたのを覚えています。


もう、ホントすいませんでした、
何でもしますから、取り合えず帰ってください!
30.jpg

なんて、考えていたわけですが、
この間にも、私の細胞内のテロメアが、確実に短くなっていくのを感じました。


しかし、予想に反して、警察官は下手に出てきたのです・・・
31.jpg

警官「や~大変ですね?邪魔してスミマセンでした・・・;」

私  「・・・へ?・・・・・・・・・あ・・・・・・どうも」  (この野郎、確信犯じゃねえか・・・)

警官「それはそうと・・・ここは何の会場なんですか?



















・・・え~っと?
確かこのイベント、かなり大規模なモノだったんですが、
警察はそういうイベントの警戒とかしないんでしょうか?
思いは旧式の演算装置を駆け巡りました・・・
25.jpg

『新手のボケなんだろうか・・・』
『でもレベル高すぎないかな・・・』
『やば・・・俺ってもしかして温度差ある・・・?』
『しかし、何か返事はしないと・・・』



そこで・・・



私  「・・・あ・・・あぁ~!嫌だなぁw ○○○祭りに決まってるじゃないですかw」  (ギリギリのツッコミ) 

警官「・・・なんですかそれ?」

はい、治安崩壊宣言でましたw

それでも私、あきらめずに説明を続けたとです・・・



(1分経過)




(2分経過)




(4分経過)




(多分10分以上は経過・・・)



そして、その結果・・・





警官「あ~なんだ!アレでしょ?」
私  「そうなんです、それなんです(泣)!」 (遅ぇーんだよ!)

もはや、泣きも入りますよ・・・(´Д`;)
しかし――――


警官「猫ヒロシね♪」










この馬鹿がーーーーーーー!!!!!!!!
27.jpg

すでに説明の疲労がピークに達していた私、
失神するかしないかのショックでよろめいた刹那に、
その警官の抹殺を3回は脳内シュミレートしました。



思えば本当に無駄に疲れていた気がします・・・
その日は帰っても何かをやり残してきたような感覚でいっぱいでした。



後日、○○○祭の様子をテレビで見ましたが、
まったく喜べませんでした・・・






テレビ「ねっこひーろしっ!」

テレビ「ねっこひーろしっ!」

テレビ「ねっこひーろしっ!」

猫「うるせーっ!!!」

33.jpg


私「・・・・・・うるせぇ・・・」







20061011231906.gif
ランキングに参加しました♪
よろしければクリックして下さい!
スポンサーサイト

2006.10.11 Wed l バイト l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

すげーバイトやね
また来たよんhttp://blog78.fc2.com/image/icon/e/454.gif" alt="" width="14" height="15">こんな時間に恐縮ですhttp://blog78.fc2.com/image/icon/e/466.gif" alt="" width="14" height="15">

バイト「お疲れちゃ~ん」やねhttp://blog78.fc2.com/image/icon/e/814.gif" alt="" width="14" height="15">BYイン○タントジョン○ン


そんなにいっぱいお巡りさんいたんだhttp://blog78.fc2.com/image/icon/e/451.gif" alt="" width="14" height="15">ビックリだねhttp://blog78.fc2.com/image/icon/e/374.gif" alt="" width="14" height="15">http://blog78.fc2.com/image/icon/e/374.gif" alt="" width="14" height="15">http://blog78.fc2.com/image/icon/e/374.gif" alt="" width="14" height="15">


でも捕まらなくてよかったじゃんhttp://blog78.fc2.com/image/icon/e/786.gif" alt="" width="14" height="15">お巡りさんへの説明があと3分長かったら…http://blog78.fc2.com/image/icon/e/447.gif" alt="" width="14" height="15">











……





………





…………













…なぁ~んてことはないかhttp://blog78.fc2.com/image/icon/e/264.gif" alt="" width="14" height="15">


ってか、今度のバイトもそんな感じなのかなhttp://blog78.fc2.com/image/icon/e/3.gif" alt="" width="14" height="15">http://blog78.fc2.com/image/icon/e/3.gif" alt="" width="14" height="15">だったら頑張るっきゃないねhttp://blog78.fc2.com/image/icon/e/734.gif" alt="" width="14" height="15">http://blog78.fc2.com/image/icon/e/734.gif" alt="" width="14" height="15">


いや~英語が終わらないよhttp://blog78.fc2.com/image/icon/e/786.gif" alt="" width="14" height="15">文法的におかしいからっhttp://blog78.fc2.com/image/icon/e/455.gif" alt="" width="14" height="15">まぁ今から仮眠して何とか終わらせますけどねhttp://blog78.fc2.com/image/icon/e/348.gif" alt="" width="14" height="15">


んじゃ、また来るからねんhttp://blog78.fc2.com/image/icon/e/819.gif" alt="" width="14" height="15">ウチにも来てね~http://blog78.fc2.com/image/icon/e/349.gif" alt="" width="14" height="15">
2006.10.12 Thu l たかちょ. URL l 編集
>たかちょさん

職務質問なんのその!ですw  (うそですw)
英語もバイトも頑張りましょ~!!
2006.10.15 Sun l 想いまぶた. URL l 編集
 

コメントの投稿












 

トラックバック

トラックバック URL
http://sifukunohitotoki.blog78.fc2.com/tb.php/2-4de1fe0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。